業務案内
事業フィールド
最新設備は、
好プレーを生む。

2004年に完成した当社の最新工場は、
今までの水産イメージを一新するオフィスのような美しさ。臭いもありません。
そのなかで、衛生はもちろん素材のおいしさや鮮度を守り抜くハード・ソフト両面の周到な戦略が貫かれています。
まずは工場全体。

24時間365日、常に15℃以下で管理されています。
その中核となる冷蔵施設は、-60℃超低温・チルド氷温などの4温度帯構成で、
どんな魚、製品の保存もフルカバーできます。

衛生保持機能も充実しています。
ページの都合上、ここですべてを紹介することはできませんが、一例としてはソックダクト。
工場内に送り込む空気から、チリや埃を完全に除去し、工場内を常に衛生的に保つ大掛かりな設備です。

原材料が入荷した瞬間から加工・出荷まで、ここでは外気に一切触れることなく、また再短時間で各工程を結ぶように配慮されているのです。

この効率設計によって温度管理がしやすく、しかも確実。
おいしさを瞬時に封じ込めるトンネル式の急速冷凍機なども活かしながら、新鮮な製品供給をお約束しています。

加工スペースは4室構成により、
ロインやサク、ネギトロの加工作業を完全分離し、品質管理の精度を高めています。
これらは加工作業のしやすさや生産管理・品質管理のしやすさにも直結しています。



Copyright (c) Oriental Foods co,ltd.
All Rights Reserved.