コンサルティング事業
  • HOME >
  • コンサルティング事業TOP
コンサルティング事業
コンサルティング事業部設立の目的とその事例
設立の趣旨

食の安全に関しては過去から現在まで食品事故は頻繁に発生しており社会問題化しております。企業規模は関係なく、次から次へ事故が発覚し、食品会社の信頼は揺らぎ経営を圧迫する例も数多くあります。オリエンタルフーズでは業界に先駆け2005年ハサップ認証取得、2008年には食品安全の国際規格であるISO22000を取得し、食品を扱う会社として最も重要である衛生管理面の充実を図ってまいりました。その規格取得の大きな成果は社員自身の意識改革と、食品製造システムのさらなる改善につながり、安心・安全な食品加工に大きく貢献しています。
ハサップ・ISOの規格取得後更なる研鑽を積み弊社では高いレベルでの管理手法が定着し、食品工場の管理基準として既に自信の持てるレベルになりました。
そこで業界に先駆け、従来社内にのみ向けていた食品衛生管理に関するノウハウを他社に提供できるのではないか?と考えるようになりました。
弊社の提供する食品衛生コンサルティングにより1つでも多くのクライアントが食品衛生に関して自信を取り戻し、 経営を安定させ、ひいては食品業界全体のレベルアップに貢献していきたいという思いからコンサルティング事業部は設立されました。

総合衛生管理 業務内容例
衛生管理・衛生調査
項 目 内 容 対象例
製品検査 お客様に提供する段階の食品について、微生物検査を行ないます。 一般生菌、大腸菌群、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ、腸炎ビブリオの検査項目について実施致します。
食品全般(※要相談)
拭き取り検査 主に清掃終了時や作業開始前の衛生度確認の一環として製品ライン、機械、調理器具に付着した細菌数を測定します。 普段見られない細菌が目に見える数値として検出されるため、正しい清掃・洗浄がされているか、確認をすることが出来ます。 また、手洗い後の手指を検査し、手洗い意識の向上にも繋がります。
機械・器具・手指・資材・原料表面等
落下菌検査 工場内の空中に浮遊する落下菌数を調べる検査です。 カビも検出することが出来ることから、衛生環境を知る指標となり、清掃の強化に繋がります。
施設内各所5箇所〜
施設点検 施設全体において、ハード、ソフト面両方のモニタリングを実施し、問題点を抽出後、改善方法等ご提案致します。
(マニュアル・ルールの構築)

施設内全般
5S調査進捗調査 施設内における5S状況の目視調査を行い、専用の5Sチェックシートにまとめ5S意識レベルの向上を図ります。 また、調査結果より指摘を行った箇所について改善がなされているかの調査を行います。
施設内全般
調査報告会(勉強会) 報告書、検査成績書に基づいたご報告を、担当者様と弊社の担当者間で行い、必要な改善策を検討いたします。 また、従業員様を対象にした、衛生管理の勉強会を実施します。
従業員様対象勉強会等
具体的な事例
年間管理顧客例
A社 スーパー

対象:店舗厨房内

① 衛生点検
② 拭き取り検査
③ 点検・検査結果報告会
④ 勉強会
⑤ 捕虫機設置、管理
⑥ 衛生備品販売


B社 介護施設

対象:介護食工場、
施設厨房内

① 衛生点検
② 食品微生物検査
③ 拭き取り検査
④ 点検・検査報告会
⑤ 捕虫機設置、管理


C社 洋菓子工場

対象:工場、販売店舗内

① 施設点検
② 5S点検・進捗調査
③ 食品微生物検査
④ 拭き取り検査
⑤ 落下菌検査
⑥ 点検・検査報告会
⑦ カビ取り清掃


顧客業種

水産工場

食肉加工場

和菓子、洋菓子工場

仕出し、弁当、惣菜工場

飲食店舗

介護施設

スーパー

販売店舗

資材工場

健康食品製造工場

詳しくはお問合せ下さい! (株)オリエンタルフーズ コンサルティング事業部 054-337-1662(代)