業務案内 FIELD
事業フィールド
安心安全は、挑むように守る。 そう、攻撃的守備ってやつです。

研究室にこもって、最新の検査機器を使って、原材料や製品を検査するという品質管理イメージ。 間違ってはいませんが、それは一部にすぎません。

当社品質管理スタッフは、検査を基本業務としながら「人を起点に、挑むように守る」管理を貫いています。

過去の実績に安住しないで、
お請けした加工業務ごとに改めて試作をする。

その試作によって製品や作業内容を無数にチェック!チェック!チェック! 菌や化学物質の残留、異物混入などの芽を摘むことはもちろん、手袋一枚でさえ材質や形状をチェックして採用するという、しつこく挑むのが流儀です。


作業マニュアル作成も品質管理スタッフの仕事ですが、独断でやるのではなく製造スタッフと話し合いを重ねます。
生産開始後は日々のミーティングや定期会議により、どんな些細な問題点も即座に抽出・修正しています。

当社の品質管理は最新機材を駆使しながらも、あくまで人の英知が第一。人のしつこさが起点。
チェックチェックチェック、指導指導指導、あ、文章までしつこくなってしまいました。すみません。

業界屈指の早さで!FSSC2200・FDA方式HACCP認証取得。

2017年3月23日(木)にFSSC22000(ISO22000:2005、ISO/TS22002-1:2009)を取得しました。
近年の食品における品質・衛生管理への関心が高くなっています。また、2020年に開催される東京オリンピックの準備が進んでいる中で、国際的な面でもより高度な管理が求められています。弊社でも、2018年3月に新工場が竣工予定であり、更なる進化を続けていく必要があります。そのため、これまでも安全・安心な商品づくりを行ってきましたが、今回、より厳しく、安全・安心な商品を製造していくために新たな認証を取得しました。


全工程で危害を予測し、連続的な監視や記録、改善を行う管理手法HACCP。
この手法をいち早く導入し、2005年には工場全ラインにおいて認証を取得しました。
さらに2008年には、工場の全業務において食品安全の国際的マネジメント規格ISO22000の認証を取得しています。
これは静岡県内の水産会社として初のことで、 当社の安全意識・品質管理力の高さを示すこと にもなりました。
それぞれの認証事項を遵守することはもちろん、独自のノウハウもあいまって、
当社工場は厳格な安全管理を徹底しています。