会社概要 COMPANY
  • HOME >
  • 社長あいさつ
社長あいさつ
他喜力を発揮する「おもしろい会社」、
静岡から世界へ。

北京で金メダルに輝いた女子ソフトボールの選手たちは勝利の瞬間、
人差し指を空に向ける行為をしませんでした。
目的は1番になることではなく、次に続く子どもたちのため、
競技普及のために、ソフトボールの魅力を発信することにあったからです。
彼女たちの強さを支えたのは「他喜力」、誰かのために頑張る思いの強さです。

「A dream is infinity」をスローガンにし、若くフレッシュだった当社も、
20年近い歳月を重ねて業務が多岐にわたり、キャリアを積んだスタッフも増えました。
スローガンは今でも当社のコアですが、成熟し始めた組織の中で、そればかりが強調されると、ともすると「自分のため」という小さな器に収まりかねない。 そこで私は、「夢は他喜力の先にこそある。相手が喜び、感謝してくれるシーンに、たくさん遭遇してほしい」と言い続けてきました。 おかげさまで、多くのお取引や交流からその経験を重ねることができ、雰囲気の良いチーム力が育まれ、「おもしろい会社」になり始めています。

たとえば私たちの海外進出。 単に経営的な観点だけでなく、様々な人的交流を深めて、相手の国にも有意義な会社でありたいという目的から、日本との少年野球の交流を実現しました。
日本人向けに現地観光をコーディネートする構想も膨らんでいます。 文化的・産業的に深い部分を知る当社なら、旧来の観光にないプランをお届けでき、現地の観光産業や街づくりの支援にも繋がるからです。 海外の生産拠点に転勤して自分の経験を試したい、という社員が多いのも当社らしさです。 当社の海外転勤は会社から言われて決まるのではなく、自己申告制です。

「おもしろい会社」とは、何をやるか分からない、常に期待を抱かせる会社。
「おもしろい人間」とは、頭以上にハートがいい、人間性が魅力的な人。
それらが織りなす自由で活力ある風土が他喜力の源泉になり、
「A dream is infinity」にリアリティをもたらしている、それがオリエンタルフーズです。


株式会社オリエンタルフーズ
代表取締役社長

宮本 昌宣