オリエンタルフーズの「らしさ」を紐解く
オリエンタルフーズの「らしさ」を紐解く

当社の中枢、それが品管!
食品衛生コンサルティングを事業化するほど、厳格な品質管理を研ぎ澄ます当社。
品管スタッフは、検査のみならず現場の指導や設備の管理、商品開発の初期段階まで
関わる、いわば会社の中枢です。論より証拠、品質管理スタッフのひとり、深澤の一日をご紹介します。
現場巡回が中心の日
品管スタッフは、現場巡回中心の日・検査中心の日をローテーションしています。
まずは、現場巡回の日を追いました。
現場巡回の日は、すぐに工場内に入り、水や設備など製造環境をチェック。全社員で行う清掃は免除されます。
市水・工業用水・
殺菌水の残留塩素測定
使用する水が殺菌された万全な状態か、特に殺菌水は毎日午前午後必ず行います。
機械・備品類の破損チェック
設備・機器の外観や異音チェックは、現場のみならず品管スタッフも行います。
加工室の湿温度チェック
たとえ常に万全でも、日々油断なくチェックするのが品管の基本的な心得です。
加工現場で作業の様子を
つぶさにチェックしながら、次のような業務へ
製品温度測定
原料や製品、解凍水の温度が規定通りになっているか、
赤外線放射温度計や中心温度計を使って測定します。
サンプル採取
チルド商品や朝一番で加工する製品を
サンプリングし、検査室へ回します。
ローラー毛髪チェック
作業スタッフは入室時に必ずローラーをかけていますが、
品管が改めて全員にローラーかけ。
異物混入防止を徹底しています。
拭き取り検査
スタッフの手指、前掛け、設備の拭き取り検査も
定期的に行っています
屋外設備の万一の故障や不具合は、生産はもちろん品質にも大きな影響を及ぼすため、品管スタッフが常時目を光らせています。
動作確認
工業用水の次亜塩素酸添加ポンプやハセッパー生成機などの動作確認や異音のチェックをします。
薬品補充
殺菌水生成用の薬品を確認するとともに、必要に応じて補充を行います。
デスクに戻り、その日のチェック内容を
規定の表にデータ入力します。
現場スタッフが記入したチェック表も確認し、
ファイリングします。
誤表示がないかの確認を行います。
食品表示の管理も品管の大切な仕事です。
午前に現場巡回をした日の午後は、品質管理関連の書類作成が中心になります。
規格書の作成
お客様と営業スタッフの間で検討された新製品の規格や配合などを、規格書として仕上げます。
マニュアルの作成
衛生を損なう可能性のある「事」や「モノ」は、すべて管理の対象。常に改善点を見いだし、そのマニュアルを作成します。
当日加工分、および翌日加工予定の製品に貼付するラベルをすべてチェックし、誤表示を防止します。
検査業務が中心の日
検査業務の日は、検査室から始まります。
衛生第一の企業の使命として、
加工現場のみならず
会社全体を全社員で毎日清掃しています。
深沢は現場に降りる階段の清掃を担当しています。
培養に使う培地や検査表を準備します。
次のような検査を、
品管のスタッフがローテーションで毎日行っています。
検体
前日製造のネギトロ(全ロット)・切落し・サク、およびネギトロ原料
項目
一般生菌・大腸菌群・大腸菌・黄色ブドウ球菌・腸炎ビブリオ・サルモネラ
方法
検体10g秤量  →90ml希釈水で10倍希釈
→1mlシャーレに播種
→20ml培地を流し、混釈
コロニーカウント
培養温度・時間が異なる対象菌ごとに培養し、コロニーカウント。その結果を、お客様ごとに異なる書式の検査表に入力します。
さらに社内回覧で情報を共有した後に、お客様へ提出します。
拭き取り検査も
設備・前掛け・手指などを抜き打ちで拭き取ったものも、検査対象です。
ルーチンの業務のみならず、現場を常にチェック。
問題を見つけ、原因を探り、改善策を練り、
改善マニュアルを作る。
当社の品管は、それぞれが自主的に衛生管理を高めています。
当日加工分、および翌日加工予定の製品に貼付するラベルをすべてチェックし、誤表示を防止します。
商品開発にも品管が参画

サンプルの作成や試食にも立ち会い、
品質管理の立場で規格や加工方法、配合などをチェック。
規格書を作成します。
品質管理スタッフの承認がなければ、
新商品は世に出ることができません。
 台湾でも眼光鋭く!

サクラエビシーズンには台湾の現地工場にも出向き、検査はもとより特殊な冷凍技術による温度管理、異物混入や型崩れを防ぐ指導の徹底など、生産管理の役割も担います。 日本人は若い深澤一人。しかし日本語が達者な現地社長とともに、作業・商品品質を高める毎日は、任されるやりがいもあって「充実しています」。 見据えているのは「駿河湾産に負けない品質!」